ステロイド外用薬の適切な使い方

ステロイド外用薬の種類

 

アトピー性皮膚炎に使用されるステロイド外用薬は、5つのクラスに分けられることができます。薬にふくまれる薬の成分の作用の強さによって、ストロンゲスト(T群)、ベリーストロング(U群)、ストロング(V群)、ミディアム(マイルド:W群)、ウィーク(X群)のクラスに分けられます。薬の作用は、クラス名の通り、ストロンゲストが最も強く、ウィークが最も弱くなります。また、効果と同様に副作用もクラスが強ければ強いほど起こりやすいため、医師が効果と副作用のバランスを考えたうえで、症状にあったクラスのステロイド外用薬を用いるかを決めます。

 

ステロイド外用薬の適量

 

ステロイド外用薬をしっかりと作用させるには、正しい量、つまりその患者さんに合った適量を塗らないと効果は得られません。軟膏やクリームは、チューブを絞って、大人の人差指の先から第一関節まで押し出した量が約0.5g。この量で大人の手2枚分(両手分)の広さが塗る目安となります。現在、日本で処方されているチューブ入りのステロイド外用薬は、1本が5gですので大人の手20枚分の面積が塗れるといった計算になります。また、ローションタイプでは、1円玉大の量で大人の手2枚分の面積が適量とされています。

 

ステロイド外用薬の塗り方

 

患部が広い場合は、何度も指で薬を量って塗るのはたいへんですので、あらかじめ患部が手の何枚分に相当するか見方をつけて、塗る前に適量をお皿などに絞り出すと良いでしょう。たとえば、大人の手10枚分では、チューブの半分量を絞り出せばよいのです。これを指ですくって、少量ずつを少しずつ患部全体に置いた後、手のひらで広げるようにして塗ります。塗るタイミングは、入浴やシャワーのあと、皮膚に保湿外用薬を塗ってから塗るのがよいでしょう。皮膚が清潔になって、バリア機能を果たす皮膚のうるおいも同時にある程度保たれているからです。また、治療の初期段階は患部にまんべんなく塗ります。3〜4日たつと皮膚の状態が徐々によくなっていきますので、皮膚をつまんで硬い部分だけを塗るようにします。2〜3週間ぐらい塗り続けて行くと、硬かった皮膚も他と同じように徐々にやわらかくなって行きます。

 

症状が改善したら、次に塗る回数を1日1回に減らしましょう。ただし、ミディアム(マイルド)タイプやウィークタイプを使っている場合は、症状がよくなっても1日2回続けたほうが経過がよいという報告もありますので医師と相談のうえ決めてください。

ステロイド外用薬の治療効果を上げる4つのポイント

 

  • ステロイド外用薬は、皮膚の薄い部位と厚い部位とでは薬の吸収率が違います。
  • そのため、クラスの違う薬を一度に何種類か処方することがよくあるのです。

  • ステロイド外用薬は、同じクラスの中にたくさんの種類の薬があり、その作用が少しずつ違っています。
  • また、どのようなタイプのアトピー性皮膚炎に、どのステロイド外用薬がもっとも効果的なのかということは、個人差があり一概には決められません。そこで、医師は同じクラスのステロイド外用薬を何種類も用意しています。最初に使ったステロイド外用薬があまり効かないようなときは、別の薬に変更して経過をみていきます。

  • ステロイド外用薬には、軟膏、クリーム、ローションがあり、皮膚に塗ったときの使用感が違います。
  • たとえば、軟膏は塗った時にヒリヒリしにくいが、ベトベトしやすい、ローションはすっと吸収されて使用感がよいが、ヒリヒリしやすいなど、それぞれ特徴があります。処方されたステロイド外用薬が患部に塗りにくいなど、使用に問題があるときは、担当医に相談してみたほうが良いです。

  • よくなってきたからといって、完全に軽快していないうちに、急にステロイド外用薬をやめると、症状がすぐにぶり返してしまうことを良く聞きます。
  • 急にやめるのではなく、塗る回数を徐々に減らしていく事が大切なのです。回数の減らし方などは必ず担当医に相談してからにしてください。