保湿外用薬の正しい使い方

アトピー性皮膚炎の患者さんは、皮膚が特に乾燥しやすいため皮膚の抵抗力が弱まっています。ですので、スキンケアで十分な保湿が得られていないと薬を使っての治療が順調に進んでいかないのです。
保湿外用薬を塗るときは、以下の3ステップの基本をしっかりと覚えておきましょう。

  • 保湿外用薬は、1日に何回塗ってもよいですし、塗りなおしてください
  • シャワーや入浴の後は肌から水分が逃げないように、5分以内に塗る
  • もしも入浴ができないときは、霧吹きで皮膚にぬるま湯を吹きかけたり、市販の化粧水(刺激のない物)などをつけたりして水分を与えた後に塗る

 

保湿外用薬は、治療に用いるためのステロイド外用薬やタクロリムス外用薬など、1日の使用量が決められているものと異なり、使用量に制限がないので、1日に何回塗っても大丈夫です。また、塗るタイミングというのはできればシャワーや入浴後、5分以内に塗るのがよいでしょう。なぜなら、保湿外用薬は皮膚に直接水分を与える働きはなく、皮膚の表面にある水分にふたをし、閉じ込めて外に逃がさない働きをするものだからです。乾燥した皮膚に保湿外用薬を塗るとたしかに一時的にはしっとりとしますが、すぐに乾いてしまうので保湿としての効果が得られないのです。ですのでシャワーや入浴後5分以内が効果的である、ということになります。また、シャワーや入浴ができないときは、霧吹きなどで湿らせるように皮膚にぬるま湯を吹きかけたり、市販の化粧水をつけたりなどして、皮膚の表面に十分な水分を補い、その上から保湿外用薬を塗ってください。

 

保湿外用薬は、毎日のスキンケアとして欠かさずに、習慣的に行うようにしましょう。症状の改善だけでなく、予防効果もあるからなのです。アトピー性皮膚炎の症状がほとんど出なく、日常生活に支障がない、あるいは症状が少しあってもあまり悪化しないようになっても、塗り続けるようにしましょう。肌のためには良いからです。