私の身近でも、アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎・喘息など、アレルギーに悩んでいる人は多くいます。そういった方々が口を揃えて言うことは、
『季節の変わり目になると症状が出てツラい』とおっしゃっています。

 

いわゆる日中が暑くもなく、寒くもなく、みなさんが『過ごしやすくて、いい気候になったよね』と感じる時、実はアレルギー患者の皆さんは症状が出始めてツラいと感じているようです。

 

原因の一つに、朝晩の寒暖の差が挙げられます。
日中は温度が一定しているので、あまり感じられませんが、朝晩冷え込んだりして寒い時など、身体が気温の変化に対応しきれずに症状となって現れるのです。
喘息の人たちは10月を『魔の10月』と呼んでいるそうです。9月はまだまだ残暑が厳しいこともあって、朝晩の気温はそんなに落ち込みませんが、紅葉がきれいだねと感じる
10月頃には気温も落ち着き、朝晩の冷え込みも段々と出始める頃だからです。
喘息は命に係わるものでもありますし、疾患を持っていらっしゃる方は注意が必要な季節です。

 

アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎を患っている方も季節の変わり目が症状が出やすいというのも、季節が変わって今まで安定していた気温や植物などのサイクルが次のものになることによって、今まで抑えられていた症状に変化が現れ、症状となって出てくるのです。

 

あらかじめ、この時期になると発症する。や、この植物が芽吹く頃にかゆみが現れるなどわかっている場合は事前に注意しておくことが重要ですね。
しかし、今のところ症状を抑えるものはあっても、根本的な治療に至るものが少ないのが現状です。