アレルギー反応が起こるメカニズム

アトピー性皮膚炎などを含むアレルギー性疾患について正しく理解するために、アレルギーが起こる仕組みについてもう少し詳しく説明しておこうと思います。

 

体の中にアレルゲン(卵や牛乳、ダニなど)となるものがが入ってくると、身体の中にはそれに対抗するための『IgE抗体』というものがつくられます。この『IgE抗体』がつくられるときには、Tリンパ球にはIgE抗体をつくりやすくするヘルパーリンパ球と、逆に生産を抑制するサプレッサーリンパ球との二種類があり、この2つのリンパ球がバランスを取り合っていて、身体の中でのちょうどよい量の抗体をつくっています。、身体が正常な状態であれば、アレルゲンが侵入してきても、サプレッサーリンパ球が働いて、IgE抗体が体内で過剰につくられるのを防いでくれます。それがアトピー体質の人は、このサプレッサーリンパ球の働きが通常の人よりも悪いのではないかと考えられているのです。

 

つまり、IgE抗体生産反応が過剰に作られてしまうために、アレルギー症状を起こしやすくなるわけです。このため、血液検査をしてIgE抗体の量が多いか少ないかを調べれてみれば、アトピー性皮膚炎や喘息、アレルギー性鼻炎などといったものを診断するときの一つの大きな手掛かりになります。幼児の場合は、特に摂取する食物からのアレルゲンの場合が多く、卵が原因でアトピー性皮膚炎を起こしている赤ちゃんの卵のIgE抗体値を測ってみると、非常に高い値が出てきます。

 

IgE抗体はマスト細胞(太ったように見えるので肥満細胞とも言われています)の表面にくっつきます。そこへ再び入ってきたアレルゲン(抗原)はIgE抗体と結合しやすいという性質を持っているので、マスト細胞の表面にくっついているIgE抗体と結合して、抗原抗体反応を起こすのです。その結果、マスト細胞が壊れて、細胞内のヒスタミンやロイコトリエン(SRS-A)などの化学物質が外に放出されます。これらの化学物質が気管支や鼻、皮膚などの場所で働いて身体の様々な症状を現わしてくるのです。

 

化学物質の代表であるヒスタミンが、これら気管支や皮膚などに作用すると、典型的なアレルギー反応を起こします。このため、一昔前まではアレルギーの犯人といえばヒスタミンと呼ばれて、治療もそれに対抗するために抗ヒスタミン剤が多く用いられていました。最近はヒスタミン以外にもSRS−AやECF−A、PAFなどの化学物質がアレルギー反応に関係していることが研究の結果わかってきたのです。

 

これらの物質は、それぞれに大小異なった働きをしていますが、アレルギー反応対してははこれらが複雑に結合をして作用して起こっているのではないかと考えられいるのです。