アトピー性皮膚炎を改善するための最新情報

アレルギー性疾患(皮膚炎・鼻炎・結膜炎・気管支喘息など)は近年、徐々に増加の傾向があります。もしもこのまま増加の傾向をたどり続けば、将来的に更に深刻な状況になっている可能性がありますので、注意が必要なことはま違いありません。

 

アレルギーの原因や予防法はさほど難しくないと言われているのですが、それにも関わらず、日本ではあまり知られていないのが現状のようです。

 

このアレルギー性疾患で病院を受診される患者さんたちの大部分は、自分を苦しめている原因、つまりアレルギー疾患の原因になると考えられているアレルゲンを知らない方が多いようです。

 

よって、このアレルギー診療の最初のステップはまずはこの『アレルゲン』についてしっかりと自覚をすることにあるでしょうね。

 

アレルゲン自体ががわかったならば、その原因となるアレルゲンを身の周りから取り除いていけば、アレルギー反応は起こりませんので、数日すればアレルギー症状は治まってきます。
当サイトを閲覧してくださった方は、自分のアトピー性皮膚炎の根本となっている食物を探しだし、この食物や加工品を完全に除去できれば、数日で皮膚炎やその他の症状が軽くなっていくことを感じることでしょう。
そして除去食療法を始めることで、アレルギー食がわずか3〜40年前に日本人が口にしていた「日本食」と同じであることに気が付くのです。
こういったことから添加物などを使っていて手軽に手に入る加工品などに押し流されないで、自分を見失わない心構えが大切であるということがわかると思います。

 

当サイトではアトピー性皮膚炎の診断法や治療などについて、皆さんができるだけわかりやすく掲載しています。
また除去食を始めると食べられるものがなくなってしまう!という不安に答えるために、5大アレルギーと言われる卵・牛乳・大豆・小麦・豚・そばなどを除去した四季の旬の食べ物を掲載しました。

 

アトピー性皮膚炎は皮膚バリア機能・生理機能低下により起こる病気

アトピー性皮膚炎は、体質的に皮膚のバリア機能・生理機能が低い人が、汗やほこりといった刺激を受けたとき、皮膚に炎症が起こる病気です。

 

どういうわけか、皮膚のバリア機能・生理機能が低い人は「アトピー素因」も併せ持っていることが多いため、アトピー性皮膚炎はアレルギーの病気だと思われがちです。
しかし、必ずしもそうとはいえません。
実は、それがこの病気の特徴なのです。

 

したがって、塗り薬や飲み薬による治療は、アトピー素因をもった体質を根本的に治すことを目的とするのではなく、もともと弱い皮膚のバリア機能を補ったり、皮膚が壊れて、かゆみが出てしまった患部の炎症を抑えたりする「対症療法」が中心になります。

 

具体的には、皮膚バリア機能を補うためには保湿外用薬を、かゆみや炎症を抑えるためにはステロイド外用薬やタクロリムス外用薬を中心に、抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬の飲み薬を補助的に使います。
どのような病気でも「この薬を使う理由」というのをきちんと理解したうえで治療に臨むことが大切です。

 

特にアトピー性皮膚炎の場合、そうすることによって「副作用がこわくてステロイド外用薬を塗りたくない」というような不安や誤解が生じにくくなり、治療を正しく進めることができます。

 

アトピー性皮膚炎では、患部にステロイド外用薬やタクロリムス外用薬を塗って治療します。
この2つの外用薬は症状の改善に有効ですが、患者さんによっては使っても十分な効果がみられないことがあります。

 

このような場合、患部に必要な量を塗っていないことなどが考えられます。
そのため、外用薬の使い方は治療前に確実に覚えて、正しく実践していく必要があります。

アトピー体質の遺伝

一般的に、アレルギー=アトピーと思われていますが、厳密にいうと、両者は全くの別物です。
アレルギー反応によって起こる病気には様々なものがありますが、アレルゲンと接触するとただちに症状を起こす一群の病気があります。

 

花粉症や気管支喘息、急性蕁麻疹、アレルギー性鼻炎などがそれで、これらの病気にみられるような即時性アレルギー反応を起こしやすい体質をアトピーと呼び、このような一群の病気をアトピー性疾患といいます。
つまり、アトピーというのはアレルギーの中でも一部のものだけを指した言い方なのです。

 

アトピー体質は遺伝的傾向が強く、それをアトピー家系と呼んでいます。
体質が遺伝しやすいために、たとえば兄に喘息があり、弟にアトピー性皮膚炎がある例や、親子そろって喘息に苦しんでいるといったことがあります。

 

ただし、アトピー家系(体質)だからといって、必ずアレルギー疾患がでるとは限りません。
ほとんどの人は大人になってからも、何の症状も出ないものです。
アトピー体質かどうかの境界線を引くのはむずかしいのですが、何かのきっかけで、アレルギー反応が起きやすいと考えるほうがよいでしょう。

酵素ジュースでデトックスしてみませんか?

アレルギーやアトピーの原因は色々な事が考えられるので、これといって明確な対応方法が無いのが現状だと思います。

 

ただし、免疫のなんらかのトラブルなどが原因になっている可能性もありますので、体の本来の力を取り戻すために、こちらで紹介している酵素ジュースでのプチ断食、デトックスに取り組んでみたらいかがでしょうか?酵素ジュースで腸を中心にキレイにして、体の本来もっている免疫力、抵抗力を回復させてみるのもひとつかもしれません。

 

幅広い年齢に支持されている酵素ジュース。20代、30代はファスティング、40代・50代は健康を意識した酵素ジュース。それぞれの年代で売れている酵素ジュースを比較しご紹介しています。
http://xn--yckc5kudp007a7xva7y1a5ce.com/

 

上記の、年齢別にオススメしている酵素ジュースのランキングサイトをご参考にして、自分の年齢にあった酵素ジュースでいちどデトックスしてみてください。